実寫映畫『東京リベンジャーズ』が7月9日に公開され、土日2日間で38萬6000人動員、興行収入5億2800萬円という數字を出し、動員ラインキング初登場1位に輝いた。映畫人気も然ることながら、原作漫畫も大人気になっている同作。特に、ヤンキー漫畫ながら女性人気が高いことが特徴ではないだろうか。『クローズ』や『BADBOYS』など、人気俳優が実寫化をして女性人気も獲得するというパターンはこれまでもあったが、同作のように原作のヤンキー漫畫自體が人気という狀況は比較的珍しいのではないだろうか。ではなぜ同作はこんなにも多くの女性人気を獲得できているのだろうか。

真人漫改電影《東京復仇者》在7月9日上映後兩天內觀影人數便達到38.6萬人,票房收入高達5.28億日元,首次上映便登上觀影人數排行榜榜首。不僅電影十分叫座,原作漫畫也備受喜愛。特別是它作為一部不良漫畫卻在女性讀者中人氣頗高,這也是該作的一大特點。雖然之前也有像《熱血高校》、《搞怪少年》等真人改編作品由人氣演員飾演後獲得了眾多女性粉絲,但很少有像這部作品一樣是作品本身受到女性歡迎的情況。那麼,這部作品為什麼能收穫這麼多的女性粉絲呢?

その理由を考えると、まず「魅力的なキャラクターたち」が一番の理由のように感じる。とにかく様々なタイプの男性キャラがこれでもかというほど登場する同作。主人公の花垣武道は喧嘩が強いわけではないが、強靭な精神力と強い正義感の持ち主。その熱い姿に胸を打たれることも少なくない。その他にも、イケメンかつカリスマ性溢れるマイキー、どこかスタイリッシュな見た目と冷靜沈着な視野を持つドラケン、仲間への思いは誰よりも強い場地圭介、武道の絶対的味方で相棒の松野千冬、「東京卍會」のまとめ役にもかかわらず裁縫が得意というギャップを持つ三ツ谷隆、日向の弟で刑事の橘直人……と、挙げていけばキリがないほどだ。これだけバラエティに富んだキャラクターが登場するのだ、刺さるキャラクターは必ず1人はいるはずである。回を重ねるに連れ、次々と新しい人物が登場してくることもあり、推しを見つける楽しさもあるだろう。しかも12年後の現代、26歳になった姿がガラリと変わっているキャラクターもいる。かつて爆発的な女性人気を誇った漫畫『家庭教師ヒットマンREBORN!』でもそうだったが、大人になった際のかっこいい姿が見られるのもポイントになっているのではないだろうか。

思考其中理由,最重要的就是“充滿魅力的角色們”。這部作品中有着各種類型的男性角色讓人應接不暇。主人公花垣武道雖然打架不強,但卻有強韌的毅力和強大的正義感,他的身姿多次讓人胸中一熱。此外,還有帥氣又充滿領導力的的Mikey、有型又沉着冷靜有大局觀的龍堅、最重兄弟情義的場地圭介、武道永遠的夥伴松野千冬、總領“東京卍會”卻十分擅長縫紉的反差角色三谷隆、日向的刑警弟弟橘直人......等等等等,各種數不勝數的人物。這麼多個性十足的角色總會有一個合你的胃口。隨着漫畫的不斷更新,又會有新的人物出現,尋找新的“本命”也是個十分有趣的過程。而且在漫畫中十二年後,26歲的漫畫角色們又有了許多令人意外的變化。過去在女性當中有着超高人氣的漫畫《家庭教師》就是如此,想必長大成人之後的帥氣模樣也是戳中很多女性讀者紅心的重點。

2つ目は、「親しみやすい作畫」だ。作者の和久井健氏は、かの有名なアウトロー漫畫『新宿スワン』の作者だ。その『新宿スワン』を見ると、『東京リベンジャーズ』とかなり作畫が違うことがわかる。『週刊マガジン』編集部の土屋一機氏も「和久井先生の絵の改造ぶりはすごいですよ。たくさんの読者に屆けるにはどうしたらいいかをめちゃくちゃ考えている。青年誌と少年誌で描き分けているだけでなくて、連載が始まって以降も少しずつ絵柄を変えていらっしゃいます」と語っているように、これまで女性人気を獲得してきた『銀魂』、『BLEACH』、『黒子のバスケ』、『ハイキュー!!』、『鬼燈の冷徹』などの少年・青年漫畫作品を振り返ってみると、登場人物の外見がリアルすぎず、線の書き込みが細かく丁寧という共通點があるように思う。同作もその條件が當てはまっているため、女性に受け入れられやすい作畫と考えられるのだ。

第二點理由就是,“極具親和力的作畫”。漫畫作者和久井健之前曾創作了知名黑幫漫畫《新宿天鵝》。這部漫畫的作畫與《東京復仇者》大相徑庭。對此,《週刊雜誌》編輯部土屋一機也説:“和久井老師畫風變化真的很大。這個過程中我們也思考了很久如何才能讓更多讀者看到這部作品。他畫風的不同不僅僅是青年雜誌和少年雜誌的不同,而是從連載開始之後慢慢改變了的”。正如這位編輯所説,回顧以往備受女性讀者喜愛的《銀魂》、《BLEACH》、《黑子的籃球》、《排球!!》、《鬼燈的冷徹》等青少年漫畫作品我們就可以看出,這類漫畫大多都有這些共同點:角色設定上,外觀大多不會十分真實,整體線條更加細膩。而《東京復仇者》也正是因為符合了這些共同點,極具親和力的作畫讓它成為一部備受女性喜愛的作品。


3つ目は、「面白いストーリー」。編集の土屋氏が「読者層をさらに広げるためにヤンキーテイストを抑えて、タイムリープ部分を押し出す表紙にシフトしました」と語っているように、同作は単なるヤンキー漫畫にとどまっていない。もちろん喧嘩のシーンもあるが、人間模様や謎解き要素なども盛り込まれており、次々と読み進めたくなる仕掛けもしてある。さらに分量は決して多くはないが、武道と橘日向、ドラケンと佐野エマなどの戀愛模様も描かれている。1つの作品に様々なジャンルのテイストが楽しめること、戀愛要素があることも、女性人気の理由に挙げられる。

第三點理由就是“有趣的故事”。土屋編輯説:“為了迎合更廣大的讀者層,我們削弱了這部作品中不良的元素,而是將封面換成了更加凸顯時間循環的內容”。正如他所説的,這部作品不單單是一部不良漫畫,當然它也有打架鬧事的戲碼,但還有很多描述人性和解謎的要素,故事設計讓人看了還想看。此外,雖然分量不多,但也有武道和橘日向、龍堅和佐野艾瑪的戀愛戲份。一部作品中可以看到各類故事、戀愛故事、這些都是它受女性喜愛的原因。



昨今では、「漫畫が大好き」という層以外にも作品が見つかりやすいルートが確立したように感じる。アニメ化され、動畫配信サービスで配信され、多くの人の目に留まる。引き込まれた結果、原作にたどり着くという流れだ。『鬼滅の刃』や『呪術廻戦』もこのルートでより広いファン層を取り込んだはずだ。『東京リベンジャーズ』はそれに加えて北村匠海、山田裕貴、吉沢亮、間宮祥太朗などの今を時めく若手人気俳優たちによる実寫化もされている。同作が今後より広い層に受け入れられ、さらなるブームとなる可能性は非常に高いのではないだろうか。

如今,越來越多的途徑讓很多不是“熱愛漫畫”的人也能接觸到漫畫作品。動畫化、網絡動畫等途徑都讓人對此有所瞭解。最終,這些人都會回到漫畫原作上來。《鬼滅之刃》、《咒術回戰》等作品也是通過這種途徑收穫了更廣泛的粉絲羣體。而除此之外,《東京復仇者》是一部集結了北村匠海、山田裕貴、吉沢亮、間宮祥太朗等當今人氣年輕演員們的漫改電影作品。想必這部作品在今後會受到更廣泛觀眾的喜愛,很有可能引發一輪新的熱潮。

本內容為滬江日語原創翻譯 ,嚴禁轉載。

相關閲讀推薦:

大正時代背景浪漫故事人氣暴漲原因究竟是什麼?

《致不滅的你》中充滿哲學的世界觀